sachix note

アニマルコミュニケーター、ドッグトレーナー、レイキヒーラー森永紗千のブログ

sachix note

体験談:ご感想まとめ(14)

img7.jpg

これまでにお寄せ頂いた、

飼い主様からのご感想を抜粋して

順次ご紹介していきます。

皆さま、その節はご用命ありがとうございました。

T様より
ちょっと(いいえ!だいぶ)うれしいことがあって紗千さんに報告せずにいられずメール致しました。

まずは1つ目・・・老犬ピコの首の痛みのこと。

セッションによるとピコは自分で治して復活したぜ!と思ってるとのこと。疲れのせいかセッションの次の日に何やらあやしい様子だったので念のためお薬を服用して寝ました。次の朝にはお薬も効いたようで元気モリモリのピコさん。今までは治って良かったね~と言ってたんですが、今回はすごいじゃん!首がキュ~って痛かったけど自分で治したの?えらいね~。すごいね~ってほめたんです。そしたらクルっと振り返ってスタスタっとコタツ布団へ行ってへそ天でゴロゴロしたんですよ~^^初めて治したことをほめられたのがとってもうれしかったみたいです。

2つ目は今日のピコの夕ご飯の出来事

私が用意を始めてたら、大きい声で「ワン!」って言ったんです。セッションで最近ぜんぜん吠えないから、ママは吠えてほしいみたいよみたいなことを聞いてもらったらめんどくさいって答えで(笑)いちいち吠えなくてもやってほしいことはやってくれてるしって感じで・・・でも今日はたった一言でしたがはっきりと大きい声で言ってくれて・・・ママは半泣きでした(笑)もちろんそのあともありがとうって何度も言いました^^もう何カ月ぶりのことだったので本当にうれしかったです。

とにかくうれしすぎて紗千さんに報告しなくっちゃって思って!

ありがとうございます。

M様より
先日は私とプリンの為に無理なお願いを聞いて頂きありがとうございました。

お蔭様で最後の最後までプリンの想いを教えて頂いて嬉しかったです。

たくさん思いをお聞かせ頂いたので心が満たされています。

7月14日(月)16:30 

プリンは穏やかに息を引き取りました。

最期まで強く逞しく

見事な生き様を見せてくれてプリンのすべてが私の誇りです。

今日は初七日に当たりますがたった今とんぼが2匹来てくれました。一足先に逝ったジョディーと一緒に私達に逢いに来てくれたのだと思っています。

紗千先生には本当にお世話になりました。

プリンとの絆がなお一層深まり いつまでもプリンは私の宝物です。ありがとうございました。ご恩は忘れません。

T様より
先日は、本当に有難うございました。

ララの言葉を聞けて幸せに、そしてララがより愛しくなりました。

先生~伝えて頂いたメッセージは、主人と娘でメモを取ったものを何回も皆で読み返して、心に刻み付けています。

そして昨日 ララの苦手なワンちゃんと会いました。

先生のアドバイス通りにした所・・・何と1回「ワン!」と吠えただけで終わりました。いつもは悲鳴のような声で暫く吠え続けるのに・・・!ララと心が通じたようで嬉しかったです。

家族で「又 成長したララのメッセージを聞いてみたい」と話しています。

その時は、先生是非よろしくお願い致します。

M様より
先日は本当にありがとうございました。

マリン、麦の気持ちを聞くことができて、感銘し、嬉しかったです。そしてとても考えさせられるものでもありました。

麦に関してはやっぱり、という感じで、これからきちんとしつけていかないと、と改めて思いました。昨日、麦の望みだという小さいボール、買ってきました。とても楽しそうに遊んでいます。日曜日、月曜日はかなり歩き、そして走りました。早速実行しておりますが、すでにかなり変化が見られているような気がします。

マリンは・・・

麦の存在を家族として認めつつもなんでも先回りして横取りしたり嫌がっても本気で怒っても、追いかけっこをけしかけてくる麦にやはりストレスを感じている・・・そのストレスは私が想像していた以上のものでした。お留守番、今のままで通り一緒のケージにはしないでね、という訴えに、切実なものを感じました。私が最近チラッといずれ一緒のケージのお留守番でもいいかな、なんて思ったのが伝わっていたのかもしれません。

そしてマリンと私、性格が似てる気がするな・・・とずっと思っていたのですが・・・森永さんからの言葉を聞けば聞くほどマリンと私って似てる・・・(苦笑)。それって私がマリンを担当してるから?それとも元々素質がそうなの?と不思議ですがどちらにせよあまりに似ているので驚きましたし、マリンの気持ちは麦よりも理解しやすい気がしました。共感できるといいますか・・・。

それにしても私の仕事まで心配しているというか、私のイライラが伝わっていること、考えさせられました・・・。

これからマリンと麦との関係をどう築いていくか、2頭が望んでいること、知ることは大きな意義がありました。

あまりにいろいろなことをお話していただき、大幅に時間オーバーしたこと、申し訳ございませんでした。

夫、マリン、麦共々感謝しております。

ありがとうございました。

I様より
この度はお時間頂き、ありがとうございました。

本当に学びの深い機会として頂いています。

バンビは昨日から先ほどまでの様子が随分違ってきています。ダメなことはダメ・・・を、聞けるようになっています。アスカを挑発することも、とりあえずあれからはやっていません。

バンビに、「バンビには、これから一緒にやってもらいたい。とても頼りにしている。お母さんと一緒に頑張ってもらいたい。」と話しているときに、くま君が突然やってきて、私の膝に手を掛けて「僕も頑張るよ。」と言ってくれているような気がしました。

松田が子犬を襲いそうになった場面では、バンビとくま君が松田を押さえてくれました。松田もヴーヴー唸ることも減ってきています。松田は、それ以来、黒のトイプードルのくま君と一緒にいることが多くなりました。しかも、くま君の指定席の一番奥の部屋の寝室に、松田とくま君が仲良く過ごしています。しょげた松田をくま君が仲間のように、あれこれ世話を焼いています。見ていて可笑しいですが、松田はそれから変わりました。

わがままが無くなりました。石を置いての威嚇がなくなりました。

子犬達への攻撃も無くなりました。

セッション後から何かが明らかに変わってきています。

うちのドッグランに犬たちを出して、私だけが家に入るときに、「バンビ、みんなを頼むよ。くま君も頼むよ。」と言うと、2頭が並んで首をかしげながらジッと立って動かずに聞いてくれました。

バンビも、変わり続けています。

先日、ミックス♂がバンビに一直線に目掛けてきました。以前なら、そういう場面でのバンビはギラギラしていて危機感が空気で蔓延する感じがしていましたが、最近のバンビは安心感があります。明らかに、攻撃のための空気感が無くなっています。

これから、どんな風に変わっていくのか楽しみです。先ずは私が気付いて変わること。そこを忘れないように、やらせて頂きます。

ありがとうございました。

M様より
昨日大変ありがとうございました。

死んだソフィの事で気がかりな(心残り)事が何点かありましたが、お陰様ですべて解決しました。

ソフィは「治療を拒んでいた」とおっしゃいましたが、その場ではピンとこなかったのですが、帰り道によく考えてみると、食事に薬を混ぜてもより分けて食べなかったり、直接飲ませようと口を開けようとしても拒み、かなり苦労して飲ませたいたことを思いだし、「あ~、そうだったんだ!」と妻と驚きながら納得しました。

ソフィの心境が手に取るように分かって本当に良かったです。

すぐには悲しみを忘れられませんが、早く楽しい思い出にしなければソフィに恥ずかしいと自分に言い聞かせて頑張っていきます。

またシンディに対しても細かな点を勘違いしていたことが分かり、今後の接し方に気をつけていきたいと思います。

そしてシンディですが、びっくりした事がおきました。

小さな音や訪問者に異常に吠える原因を聞いて頂きましたが、本日宅配便の訪問や私が帰宅しても、ほんの少し吠えるだけで狂ったような吠えを全く見せませんでした。これが何日続くか分かりませんが、先生がきっと諭して下さったお陰だと感謝しています。

もう老犬の域に達して、この先何年生きられるか分かりませんが、今まで以上に心を通わせて仲良くやっていきます。

森永先生のご活躍をこれからもお祈りしています。

ありがとうございました。