sachix note

アニマルコミュニケーター、ドッグトレーナー、レイキヒーラー森永紗千のブログ

sachix note

動物にも、ありがとうの魔法

IMG_8376-blog_201608291628490b8.jpg

 

日本では古来より

言霊の力が信じられてきました。

言霊とは言葉に宿る霊(エネルギー)です。  

 

 

言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。言魂とも書く。清音の言霊(ことたま)は、森羅万象がそれによって成り立っているとされる五十音のコトタマの法則のこと。その法則についての学問を言霊学という。

 

 

宇宙の法則は、 良いものを発すれば、良い事象が返ってくる

 

マイナスを発すれば、マイナスな事象が返ってくる

 

という、エネルギーの仕組みになっています。

 

言霊の影響力は良くも悪くも実にパワフルです。

 

意識的にプラスの波動の言葉を使うことで、

 

健康になる

人間関係が良くなる

仕事運・金運が上がる

ラッキーな出来事が起きる

ストレスが無くなる

 

などなど、色んなHappyを引き寄せてくれます。

 

普段、何気なく口にしている言葉、 普段、何気なく動物に対してかけている言葉、

 

それらを、 意識的にプラスの波動を持った言葉を使うようにしましょう。

 

波動が高くなる言葉として

 

嬉しい

楽しい

幸せ

ありがとう

感謝してます

愛してます

許します

ついてる

 

などありますが、 やっぱり最強なのは 「ありがとう」ですね。

 

ペットとの暮らしも日常になってくると、一緒にいるのが当たり前だったり、 忙しさでつい存在が意識から離れてしまったり。

 

今日というこの日、愛犬や愛猫と、「共に生きている」 ということに感謝して、

 

「今日も元気でいてくれて、ありがとう」

「今日も癒してくれて、ありがとう」

 

と、毎日何度でも言ってみましょう。

 

「ありがとう」の言葉は、発する側も、受け取る側も 双方に、良い影響を与えます。

 

動物たちは、私たち人間よりも 遥かにエネルギーに敏感で繊細です。

 

プラスのエネルギーを飼い主さん自身から発することで 動物との幸せな関係、幸福な環境を作ることができるのです。

 

動物が病気だったり、動物が困った行動をとったりすると、 悩みや不安から、言葉も愚痴っぽくなり、 マイナスな言霊を発してしまいがちになります。

 

たとえ、

動物が病気であっても

「看病させてくれて、ありがとう。」

 

問題行動で悩まされていても

「気づかせてくれて、ありがとう」

「経験させてくれて、ありがとう」

 

と、プラスの言霊の力で、状況を好転させましょう。

 

言霊の効果を感じられるようになるまで 続けてみてください。

 

1週間・・・

1か月・・・

と、続けていると、よい変化が起きていたりします。

 

「ありがとう」は魔法の言葉です。

 

あなたがかける魔法を、 動物たちも喜んで受け取ってくれるでしょう。