sachix note

アニマルコミュニケーター、ドッグトレーナー、レイキヒーラー森永紗千のブログ

sachix note

最期に僕ができること

セッションさせて頂いたお話の中でのエピソードをご紹介します。

昨年秋に旅立たれたLEO。

image11.jpg

LEOは、もう1匹のゴールデン、陸と一緒に暮らしていました。

(写真、左手前がLEOくん、右奥が陸くん)

セッションで、陸のことどう想っていたの?と聞くと、

LEOから伝わってくるのは、

広くて優しくて暖かい・・・

そして時にはしっかり強い責任感のある父性のエネルギーでした。

LEOは、生前から、年下の陸を”弟”という存在ではなく、

「息子」のように想っており、父親として静かに穏やかに彼を愛していました。

陸は足の病気を患っていました。

大好きなボール遊びもできず、不自由さを感じていました。

病院通いも続いていました。

ひとつの命が旅立つとき、大きな浄化作用が働きます。

LEOは自分の旅立ちに伴って、陸の病を、自分の命と共に天へと浄化させました。

彼にとっては、それがとっても誇らしいことと感じていました。

最期に、陸にとって父親らしいことをしてやりたい。

陸の、不自由さを解消してあげたい。

陸にはもっとアクティブに犬生を楽しんでもらいたい。

それが最期に、家族のために僕ができること。

LEOはそう想い続け、旅立ちのときを迎えます。

そして彼の願いが、叶います。

LEOが亡くなった後、

陸の足の病気は、獣医さんも首を傾げるほど奇跡的に回復しました。

セッション後、飼い主様のご感想

先日はありがとうございました。

緑の自然豊かなところをノーリードでゆったり歩いてる、ときどき振り返って、パパとママを確認してまた歩く、、、

まさに、LEOのお気に入りのお散歩でした。

陸の足は、今では大好きなボール遊びを楽しめるように元通りになりました。

同時にホルネル症候群も回復し、完治しました。

LEOの起こしてくれた奇跡なんですね。

LEOの声が聞けてとても嬉しかったです。

犬生を満喫したということで、すぐには生まれ変わって帰ってくれないのは淋しいですが、ずっとそばに居てくれてるようでうれしく思いました。

お忙しい中、LEOとの間を取り持っていただきましたこと。

大変感謝いたしております。ありがとうございました。

誰かを愛し、誰かを守る。

シンプルでまっすぐで深い愛。

image12.jpg

こうしたLEOのような、奉仕精神が高い魂は、もともと持っていた魂の性質に加え、愛情豊かな人間との暮らしの中で、より深く養われていき、様々な経験を経て、こうして誰かのために役割を果たすことが、自分自身の喜びであり、幸福であるという境地に達していきます。

共に暮らす動物が旅立った後、ご家族に良い変化が起きることがあります。

今回のように、ご家族の誰かの病が回復した、だけではなく、

大事な難しい試験に合格した、仕事がうまくいった、良い知らせが舞い込んできた、縁に恵まれた、危機一髪のところで助かったなど・・・

それらはきっと、亡くなったあなたの愛する動物が、「恩返しがしたい。」「愛する者を守りたい、導きたい。」という彼らの魂の働きによって、様々なシンクロニシティ、奇跡的な偶然を起こしているのです。

そんなときは、何か心当たりに気づいた時点でかまいませんので、天界にいる子たちに、めいいっぱいの「ありがとう!」を送ってくださいね。

「私たちのためにそんなことしなくていいのに・・・」なんて思ってしまうと、彼らを残念な気持ちにさせてしまいます。

「助かったよ!本当にありがとう。」と思ってあげてください。

彼らはきっとまた喜んで、これからもあなたをサポートしてくれるでしょう。