sachix note

アニマルコミュニケーター、ドッグトレーナー、レイキヒーラー森永紗千のブログ

sachix note

体験談:まうのパートナー

maemuki_20141029174113354.jpg 

2005年3月にお寄せいただいた体験談です。

神奈川県Y様より

先日のアニマルコミュニケーションでは、大変お世話になりました。

たっぷり私達の子(まう)の為にお時間を頂きまして大変嬉しく思っております。

どうもありがとうございました。m(__)m

 

数日前に、実家の猫(クロちゃん)のセッションを受けていましたので(クロちゃんのセッションでは、母親共々とても感動致しました。)

まうの時には、大変嬉しい気持ちを持ちながら主人共々体験する事が出来ました。

 

さて、まうの体験談(私達?)ですが本当に受けてみて良かったと思っております。

体調・御飯の事・小さい頃の事・遊びの事・私達夫婦の事・今後の要望。

直接、まうには聞くに聞けない?

いえ、聞きたくても聞けなかった事を紗千さんのお言葉を通して、聞くことが出来ました。もうもう、大感動でした。

「特に体調は悪くないよ」って言われてホッとして

「御飯はかつおぶしが好き!」で「なるほど~」と思い

「じぃじぃ・ばぁばを覚えているよ♪」で感動し

「ジャンプより、走りまわる遊びが好き」は、やっぱしねぇー☆

「お父さんお母さんが仲が良いから羨ましいな」で「え?!」

そしてそして

「お留守が多いから寂しいの。僕にもパートナーが欲しいよ。」

続き

「大人しい美人の女の子」って言われ絶句…。

夫婦共々、おのおのの実家が遠い事もありますし

私達の趣味も+αして、家を空ける事も年に最低6回はあります。 

その事で、まうに寂しい思いをさせてしまっていたのかと大変後悔しております。

でも、留守の間は猫専用のシッターさんに毎日来て頂いていたので

「まさか、寂しい?」なんて事は思いもよぎりませんでした…。

猫は、独立した生き物とか言われていますし、

私達夫婦も、親馬鹿的な一方的な考えで

「僕は、一人でいいの。

お父さんとお母さんの愛で、一杯!!」

なんて勝手な(彼の)答えを用意していたので、

「僕もパートナーが欲しい。美人の女の子!」

って言われ、天が地に落ちてきたような衝撃を受けましたが、

彼が寂しくて、パートナーを欲しいという事は現実だと思うようになりました。

なぜなら、私達が家に居ない時は、彼は等身大のヌイグルミを自分の居場所に引き摺り出していたからです。セッションを受けてからも、毎日そうです。

 

なので、彼の為にパートナーを探し始めました!

「美人で大人しい」という要望に答えるべく、頑張っています。

 

紗千さんに会う事が無ければ、アニマルコミュニケーションして頂かなければ、まうの気持ちを分ってあげることが出来ませんでした。本当に感謝しております。

また、何か悩みや・トラブル等が出ましたら、お世話になる事と思います。

その時は、どうぞ宜しくお願い致します。


Y様、その節はご利用ありがとうございました(^^