ペットも求めてる「休息の時間」

私たちはペットを愛するゆえに、

「いつも一緒にいてあげたい」

そう思う方も多いですよね。

アニマルコミュニケーションでは、時折、

「お留守番についてどう感じてるか?」を聞いてほしいというご依頼も多いです。

もちろん、

ママ、早く帰ってこないかな?と飼い主さんの帰宅を待ち望んでいる子も多いですが、中には、

「ひとり過ごす静かで大切な時間」

「お留守番があるのが当たり前の日常」

「ゆっくり寝れる時間」

という意見を持っている子もいます。

犬は元々、群れで暮らす生き物だから、

ひとりぼっちは可哀想。

たしかにその通りです。

1匹で寂しがらないようにと、多頭飼いになって、互いに良い影響を与え合う関係も多いです。(我が家ももれなく多頭飼いです)

しかし、飼い主であっても、ペット同士でも、一緒に過ごす存在が、相性が合わなかったり、ギスギスした空気、ピリピリムードでは、精神的に疲れてしまいます。

または、飼い主さんが、常にペットの要求に応じていたり、何かと心配したり、ベタベタ構い過ぎたり、分離不安や依存関係にあると、ペットはいつも飼い主さんの存在を気にかけ、意識し過ぎて、ゆっくり休む事も儘ならず、睡眠不足というケースもあります。

睡眠不足から、食べても食べても太れず、痩せてしまったり、免疫力が落ちてしまう子もいます。

そうした、良くないエネルギーを与え合っている場合は、敢えてその子と少し距離を置いたり、離れる時間を作るなどして、ペットのパーソナルタイムを作ってあげる事で、精神が安定し、リラックスしていきます。

うちの子は、どうなんだろう?

精神的に疲れてないかな?

ちゃんとリラックスできてるかな?

しっかり睡眠とれてるのかな?

気になる方は、ぜひ、アニマルコミュニケーションでペットに聞いてみることをお勧めします😊