旅立ちを控えた子のアニマルコミュニケーション

春の訪れかと思うような陽気が続いてます。

これから春に向けて季節の変わり目。

人も動物も自律神経が乱れやすくなりますね。

悲しい事に、季節の変わり目は、旅立つ子の訃報も続いてしまうのです。

もしも、ペットが、その段階に入ってしまった時は、ぜひ、アニマルコミュニケーションで、メッセージを聞いてあげて下さい。

旅立つ前に、ペットたちも最愛の家族に伝えておきたい事があるのです。

現在、spica認定アニマルコミュニケーターとして、随時セッション可能な方は下記の通りです。

前鶴かおり 

https://www.aclien.com

斎藤 詩乃歩 

https://www.albicocco.jp

小林智子 

https://www.actomoko.com

隅優子 

https://www.ac-armonia.com

三浦礼子

https://animalcommunicationolive.jimdo.com

鳥居ささえ 

https://www.ac-sasae.com

 

💡緊急の際でも、その旨お伝え頂ければ、できる限り対応いたします。

アニマルコミュニケーションで、ペットから直接メッセージを聞くことは、その子にとっての最善のターミナルケアと愛に溢れた旅立ちの見送りに、お役に立てることでしょう。

私もアニマルコミュニケーターとして、15年。セッションさせてもらえて本当に良かったと思える場面の数々が、旅立ちを控えた子たちのターミナルセッションです。

飼い主さんとペットたちが、互いの想いを理解し合いながら、一緒に生きてきた絆を確認しながら見送ることは、その子にとっての今世で最期の愛の形でもあります。

必要な方に、必要なペットに、

この記事が目にとまりますように。

これからの季節の変わり目、体調に気をつけて過ごしましょう。