バイバイ、またね。

深夜 2:22。

あの子からのお別れのメッセージが脳裏をよぎる。

 

ついに訪れてしまったこの時に、悲しみと悔しさを抑えて、最後のメッセージを託してくれる彼女の想いに応えるべく、アニマルコミュニケーターとして、伝わってくる彼女の想いを書き留める。

 

最後の一言、

『ありがとう。バイバイ。』がどうしても書きたくなくて…文字を入力する指が進まない。

 

意を決して、飼い主の友人にメッセージを送信する瞬間、電話が鳴った。

 

たった今、旅立ったと。

 

2:22 は、ちょうど昏睡状態に入った頃でした。

 

ファビ。

最後の最後まで、貴女は強かった。

しっかり者で、純真で、チャーミングでした。

トモダチでいてくれてありがとう。

 

幼少期、『私は、頭と体を使って犬の能力を高める!』と、将来の目標を語ってくれたファビ。

 

その目標を叶えるため、ママと二人六脚で、コツコツまじめに様々なトレーニングや、訓練競技会にチャレンジして、優秀な成績もおさめましたね。

 

旅立ちのメッセージも訓練が大好きなあなたらしいものでした。

 

 

なんでみんな死んじゃうのかな。って、お別れの度に、子供みたいに泣きながらいつも思うのです。

 

犬の一生はあまりにも短い。

 

これまで旅立ったみんなが教えてくれた、たくさんの事を胸に。

 

そしてまた、あなたたちのために、生きる事を約束する。

 

バイバイ、ファビ。

 

また『訓練』しようね。

LINE公式アカウント


にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村