動物の加齢について

まもなく16歳を迎える、愛犬ちい。

 

愛する動物が歳を重ねることについて、

もう○○歳・・・

と、嘆く飼い主さんがいらっしゃいます。

 

1日でも1時間でも長く、愛する動物と一緒にいたい、

いつまでも元気ハツラツで在ってほしい。という飼い主さんの願いであるゆえ、

動物が歳を重ねる事について、寂しさを感じるのはわかります。

 

ですが・・・

 

もし逆の立場だったら?と考えてみて下さい。

自分の両親orパートナーから「あなたも、もう○○歳・・・」と残念そうに嘆かれたら

どんな気持ちになるでしょうか?

 

歳を感じさせないように無理して頑張ってしまうかもしれません。

わざと若い(幼い)フリをするかもしれません。

自分はもう価値が無いんだと全てを諦めてしまうかもしれません。

 

黙っていても1日は過ぎます。

黙っていても歳はとるものです。

人間にも動物にも同じ1日という時間、1年という時間が与えられ過ぎていきます。

 

愛犬・愛猫においては、私達よりも先に寿命を全うすることがほとんどでしょう。

それはずっと先かもしれませんし、突然訪れるかもしれません。

 

歳を重ねることは、残念なことではありません。

歳を重ねることは、この世での様々な経験を積んでこれた証です。

歳を重ねることは、飼い主さんと動物がそれまで紡いできた愛と努力の時間です。

 

愛する動物が歳を重ねることを残念に思うのは、

その動物との関係において、努力を惰っている後悔の念や、

動物をちゃんと愛せているかどうかの自信の無さ、

後ろめたさから生まれるのかもしれません。

 

目の前の愛する動物は生きています。

生きている限り、いつかは死が訪れます。

そして死が訪れたとしても、魂は在り続けます。

 

そして、死を見つめると「今」が見えてきます。

 

アニマルコミュニケーションのセッションでは、

飼い主さんに「年寄り扱いしないでほしい!」と言う動物もいれば、

「歳相応に接してほしい!見てほしい!」という動物もいます。

 

動物の年齢について、加齢について、老いていくことについて。

どのように感じ、どのような想いを動物に向けているか?

自分の心を振り返ってみると、何か気づきが得られるかもしれません。

LINE公式アカウント


にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村

コラム